日本で最初のホームページ

今でこそ、素人でもホームページを作ったり出来るようになりましたが、昔は情報も少なく、ソフトもなく、作るのも大変でした。

で、日本で一番最初に作られたホームページが、ここに保存されています。

http://www.ibarakiken.gr.jp/www/index.html
記念すべき第一号のホームページがオープンしたのは1992年9月30日だそうです。

日本で最初にホームページを作った人の自己紹介写真や、世界最初のウェブサーバーや日本で最初の写真などがあります。

ちなみに、世界で最初のウェブサーバーは、スティーブ・ジョブズがAppleに戻る前のNeXT社のNeXT STEPというサーバーだったそうです。

それにしても、20年ちょっとでこんなに進化したものですね。

ヨドバシカメラのCMの歌

関東の人なら、誰でも知っているであろう、ヨドバシカメラのテレビのCMの曲。

関西にもあるけど、CMの歌はどうなんだろう?と思ったら、関西バージョンもあるみたいですね。

聞いたことないけど。

たまたま見つけたブログで、これは何の歌の替え歌?というのがあり、答えは「たばこ屋の娘」と書いてありました。

YouTubeで検索してみたのがこれ↓

●煙草屋の娘

確かに似ているけど、どうも違うような気が。。。

もう少し調べてみたら「ごんべさんの赤ちゃん」とあり、おお!確かにそうだ、と思いました。

ごんべさんの赤ちゃんがカゼ引いた、そこであわてて湿布した。

という歌詞がありましたねぇ。

で、日本の民謡かと思ったら、アメリカの民謡「リパブリック賛歌(さんか)」がもとになっているそうです。
なるほど、納得。
というわけで、煙草屋の娘説は却下。

●Battle Hymn of the Republic / リパブリック賛歌(1908)

この民謡は、アメリカの南北戦争の時代の歌だそうです。
リパブリックとは、共和国、の意味。

さらに、この歌も「ジョン・ブラウンの屍」という、当時流行した歌がもとになっているとも言われているそうですが、どちらにしろ、アメリカの南北戦争時代の血生臭い臭いがします。
John Brown’s body lies a-mouldering in the ground
ジョン・ブラウンの亡骸は墓の中。

これが、日本に来ると「ごんべさんの赤ちゃんが風邪引いた」ですからねぇ。。

でも、いろんな国で、いろんな替え歌があり、みんな元になった曲が何なのか、知らない人がほとんどじゃないかと思います。

まぁ、こんなことを知っても何の役にも立ちませんが。笑